メンヘラ女子との出会い方!見分け方から口説き方まで徹底解説!

出会い方

メンヘラと言えば、メンタルヘルスの略で、以下の意味があります。

心に何かしらの問題を抱えている人」というような意味合いで用いられている通俗的な表現(インターネットスラング)。メンタルヘルス(精神衛生)を略して「メンヘル」と呼び、さらに英語の接尾辞 -er を加えて「メンヘルな人」という意味を加えた言い方と解釈される。

引用元:weblio

特徴を分かりやすく説明すると、寂しさを感じやすく、人との関わりを求めるあまりに、家族や友人、恋人などに依存するような女性のことです。

束縛されるのがウザイと感じる人もいれば、女の子に依存されたい・かまって欲しい、など一定の需要があります。

しかもメンヘラの女の子って結構可愛いことも多く、連れて歩く分には悪くなかったりします。

この記事ではマッチングアプリを3つ併用している僕が、メンヘラの女の子の探し方についてまとめました。

メンヘラ女子と出会える場所

これまで人生を生きてきてまあまあな数のメンヘラと出会ってきました。実際に付き合うこと自体はほとんどないのですが、相手から告白されたり、実際にワンナイトの関係になったりと、いろいろありました。

その経験からメンヘラ女子と出会える場所を紹介します。

①:ツイッターやオフ会

メンヘラが良くいる場所のまず1つ目が、ツイッターです。

インスタグラムやTikTokはどちらかというと、元気なリア充が多いのですが、匿名で非顔出しが基本なツイッターにはネガティブなユーザーが多数います。

ツイッターは140文字の投稿で自分を表現する場所であるため、メンヘラと異常に相性が良く、思う存分ネガティブ発言や不幸自慢をすることができます。

ツイッターでメンヘラを探す方法ですが、メンヘラなどで検索したり、メンヘラ系の話題でバズっているツイートをリツイート・いいねしているユーザーから探すことができます。

そしてその人がツイッター上のオフ会に参加しているようであれば、そのイベントに参加することで不特定多数のメンヘラ女子に会える可能性があります。

②:メンヘラ向けバーに行く

Googleで検索をすると、メンヘラ主催のバーイベントを探すことができます。

メンヘラバーに必ず女子がいるとは言い切れませんが、一定数のメンヘラ女子と出会える可能性があります。

ただしバーによっては【出会い目的での参加は禁止している】という触書があるものもあります。出会い目的で参加する男子が増えることでバーの秩序が乱れる可能性があるからです。

参加する前に規約をしっかり確認しましょう。

③:マッチングアプリ

僕が利用していて、100人以上にイイネ(気になっている)を押されているマッチングアプリ。実はマッチングアプリにはたくさんのメンヘラ女子がいます。

実際にお会いした方の中にもメンヘラ女子はチラホラいて、実際にご飯に行って過去の恋愛話になったときに「元カレに普段からブスとかデブとか言われた」「前の恋愛がトラウマで男性に恐怖心を覚えている」など、いろいろなエピソードを聞きました。

ちなみに様々なマッチングアプリを使い倒して、いろいろな人におすすめしているマッチングアプリは以下の3つです。

ぜひまとめてインストールしてメンヘラも含めていろいろな女子を探してみてください!

当サイトで一番評判の良いアプリ。メンタリストDaiGoが心理分析の監修をしています。心理学×統計学を元にあなたの性格や価値観にあった、相性ピッタリのお相手をご紹介します。

理想の恋人の探し方、相手の性格に合わせたアプローチの仕方、チャットの仕方など恋活・婚活におけるアドバイスをしてくれます。アプリ初心者にも使いやすいです。

マッチングアプリをはじめとした恋愛市場は女性率が低いという事がほとんどで男性の競争率が激しいのですが、withは心理分析機能やアプリの使いやすさなどから女性ユーザーが多く、他と比べても気軽にデートに行けます。

日本で一番利用者が多いマッチングアプリです。会員数1,000万人!毎月7,700人以上に恋人ができています。

・位置情報で現在地から近くのお相手(10km圏内〜)を検索可能!
・登録&お相手検索無料でいつでもどこでも気軽に始められます。
・毎月7,700人以上、延べ20万人以上に恋人ができています。結婚のご報告も多数!

「日本経済新聞」「毎日新聞」などの新聞や「NEWS23(TBS)」「有田哲平の夢なら覚めないで(TBS)」等テレビにも取り上げられています。

人工知能(AI)が相性の良い相手をピックアップ、同じ趣味で集まれるコミュニティ機能も用意。withに負けず劣らずのマッチングしやすさがあります。

 

サイバーエジェントグループ運営する人気マッチングアプリです。会員数は400万人突破!毎日5,500人が登録中!

最も好みの人が見つかったマッチングサービスとして20代に支持されていて、タップルでは「料理」「音楽」「おしゃれ」「カメラ」「映画」など30項目以上の趣味から気になるお相手を探せます。

従来のマッチングアプリですと、メッセージのやりとりを交わしながら親睦を深めて、会う日を決めるというのが一般的です。

ところがタップル誕生では「おでかけ機能」により、面倒なプロセスを省いて、最短5分以内に5分以内にデートの約束を取り付けることができます。

メンヘラ女子の見分け方

メンヘラホイホイとしてこの世に生を受けて20数年。メンヘラ女子と会ったからこそある程度「あっこの子メンヘラだな?」というポイントが見えてきました。

ここではメンヘラ女子の特徴についてお話しします。

オタク女子

僕の経験則なので完全に偏見なのですが、オタク趣味を自分からアピールしている女子はメンヘラの素質がかなり高いです。

というもの成人を超えてアニメや漫画にどっぷり使っているのは、スポーツや恋愛、レクリエーションなどアウトドアで人と関わる機会がない子が多いからです。

外部との交流が少ないからこそ、人と接したい・愛されたいと考える子は多いです。

また、漫画やアニメにはロマンチックな王道シーンがあります。そういうのを見て「誰かに愛されたい」と思う女子も多くいます。

奇抜なファッションの女性

奇抜なヘアカラーやファッション、メイクをしている女性もメンヘラの可能性アリです。

このようなファッションをする女性の心理として、今までお洒落などを家族や周りの環境に抑圧されたことが原因であると、メンヘラの子たちと話してて思いました。

中高で女子高だった(またはスクールカーストが下位だった)。そのため今まで自分のしたいことを認められず、受け入れてもらえず、ファッションさえも控えめなものを要求されていた。

何が言いたいかと言うと、若いうちから自分のしたいファッションをしていた人は、年齢を重ねると同時に落ち着いた格好になることがほとんどです。

奇抜なファッションをしている子は見た目こそ強そうですが、根幹では今まで否定されていた過去があるという可能性があります。

地味なファッションの女性

反面、地味なファッションをしている女性もメンヘラな可能性があります。

何をもって地味と言うかは人によって定義が別れますが、黒髪ロング、メイクあまりしていない、オタク女子がよく着るファッションブランドに身を包んでいる女子、などが挙げられます。

このタイプの女性は、上述の派手な女性と同じように若いうちに自分のしたいファッションをする機会がなく、かといって大人になっても派手や年相応になることがなく、そのままのファッションで生きてきたタイプになります。

(たまに会えて地味っぽい格好をしているビッチな女子もいますが・・・)

プロフィール文章が病んでいる

マッチングアプリに限定した話ですが、メンヘラ女子はプロフィール文章から判断することができます。

分かりやすい例で言えば「過去に恋愛でトラウマがありました」など、ネガティブなことを書いている女子は傾向があります。

普通プロフィール文章と言う自分をアピールする場面では、ポジティブなことを書くのが普通なのですが、彼女らは自分の過去のトラウマを繰り返したくない気持ちや自信の無さからネガティブな発言をしてしまいます。

実際にマッチングアプリで会った女の子の中にも、この手の傾向がある子は高確率でメンヘラでした。

メンヘラ女子の口説き方

次にメンヘラ女子と仲良くなるポイントについてお話しします。考えるべきことは基本的には褒めまくって彼女らの承認欲求や寂しさを埋めてあげましょう。

悩みや過去の話を聞いてあげよう

デートをして話すことになったときに、なるべく女子の話はちゃんと聞いてあげて共感してあげましょう。

マッチングアプリの場合も、デート前のメッセージでしっかり話を聞いてあげているかのようなメッセージを返してあげてください。

メンヘラの子は、日常で自分の話をして、肯定してもらう機会がない子が多いので、ちゃんと話を聞く姿勢を示すだけでも効果テキメンです。

基本的には褒めまくりましょう

メンヘラの子は話を聞いてもらい共感する場面も少ないですが、自分を認めてもらう場面も少ないです。

例えば別に普通に可愛い子でも「元カレにはブスやデブとか言われまくって自分に自信が持てない」という子がいました。

自分は思った通りの感想として、「全然可愛いし、デブでもないじゃん。元カレ見る目ないんじゃないの?」みたいなことを言ったら、ものすごく懐かれました。

思ってもないことを無理矢理褒めるのはおすすめしませんが、メンヘラの子が「どうせ自分なんて・・・」みたいなネガティブ発言をしたら、普通に褒めてあげるだけで好感度はうなぎ登りになること間違いなしです。

急な関係を迫られる可能性もあります

よくある恋愛のセオリーでは、「3回デートに行ってそこで告白して、付き合って2~3ヶ月したらお泊りを提案しましょう」となります。(もちろん相手によってはもっと早いことも遅いこともあります)

ですがメンヘラの場合は、急に関係が発展することもあります。デートしたその日に手をつながれて抱き着かれてキスをされたこともあります。

このときに「今日はやめとこう」とそのまま返すと急にLINEをブロックされてしまったことが何回かありました。

メンヘラの女の子のありがちな特徴として、普通の子より性欲が強かったり、セックスのつながりによって寂しさを埋めたい子もいます。

急な展開になっても、「まだ早い」「明日仕事がある」などで返さない方がいいかもしれません。逆を言えば出会ったその日にワンナイトになれる可能性もあるということです。

おわりに

メンヘラのとの出会い方や特徴、口説き方をまとめました。

メンヘラの子は愛に飢えているため、早い段階で関係が進展しやすく、ラブラブしてくれますが、反面束縛がキツつかったりします。

責任が持てないようであれば、安易に「好き好き」アピールしない方がいいです。下手をすると刺されるかもしれません。

この記事を書いた人
ケニー

このサイトの編集とライターをしています。
マッチングアプリ・出会い系サイトで出会った数は20人以上、いいね200以上。
体験レポから恋愛論まで幅広く発信しています。

1ヶ月で5人と出会えたマッチングアプリを紹介します

「出会いがない」と悩んでいるのであれば、マッチングアプリを利用するのがコスパが良いです。

アメリカでは年間結婚カップルの約10%が、日本では20台カップルの1/4がマッチングアプリで出会っています。

こちらのページでは、たくさんあるマッチングアプリの中から「特に出会えたおすすめ」を紹介しています。

また使い方が分からない初心者にも、やり方をやさしく解説しております。

【2020年版おすすめマッチングアプリランキング】

40種類以上のマッチングアプリや出会い系サイトを使った経験からとくにおすすめなのを3つに絞りました。

登録自体は無料なので、この機会にまとめて登録して気になる人がいるかチェックしてみてください!

当サイトで一番評判の良いアプリ。メンタリストDaiGoが心理分析の監修をしています。心理学×統計学を元にあなたの性格や価値観にあった、相性ピッタリのお相手をご紹介します。

理想の恋人の探し方、相手の性格に合わせたアプローチの仕方、チャットの仕方など恋活・婚活におけるアドバイスをしてくれます。アプリ初心者にも使いやすいです。

マッチングアプリをはじめとした恋愛市場は女性率が低いという事がほとんどで男性の競争率が激しいのですが、withは心理分析機能やアプリの使いやすさなどから女性ユーザーが多く、他と比べても気軽にデートに行けます。

日本で一番利用者が多いマッチングアプリです。会員数1,000万人!毎月7,700人以上に恋人ができています。

・位置情報で現在地から近くのお相手(10km圏内〜)を検索可能!
・登録&お相手検索無料でいつでもどこでも気軽に始められます。
・毎月7,700人以上、延べ20万人以上に恋人ができています。結婚のご報告も多数!

「日本経済新聞」「毎日新聞」などの新聞や「NEWS23(TBS)」「有田哲平の夢なら覚めないで(TBS)」等テレビにも取り上げられています。

人工知能(AI)が相性の良い相手をピックアップ、同じ趣味で集まれるコミュニティ機能も用意。withに負けず劣らずのマッチングしやすさがあります。

 

サイバーエジェントグループ運営する人気マッチングアプリです。会員数は400万人突破!毎日5,500人が登録中!

最も好みの人が見つかったマッチングサービスとして20代に支持されていて、タップルでは「料理」「音楽」「おしゃれ」「カメラ」「映画」など30項目以上の趣味から気になるお相手を探せます。

従来のマッチングアプリですと、メッセージのやりとりを交わしながら親睦を深めて、会う日を決めるというのが一般的です。

ところがタップル誕生では「おでかけ機能」により、面倒なプロセスを省いて、最短5分以内に5分以内にデートの約束を取り付けることができます。

出会い方 趣味
マッチメン

コメント

タイトルとURLをコピーしました