page contents

セフレが告白してきた時に男が思うこと|本命になることはありえない?

セフレ

セフレが告白してきた男が思うこと|本命になることはできないの?

セフレとはセックスフレンド、つまりセックスをするためだけの関係性です。男性にとってはセフレは性欲を解消するためだけの相手ですから、もちろん本命彼女とは全く違います。

しかし女性は何度も会ってセックスをしていると、相手の男性を本気で好きになり、彼女になりたいと思ってしまうことが多いようです。本気で自分を好きになってしまったセフレに、「セフレじゃなくて私を彼女にして欲しい!」と言われたとき、あなたならどうしますか?

セフレとして見ていた女性が、本命彼女に昇格することはあるのでしょうか?今回はセフレ女性が告白してきたときの男性の本音を赤裸々にご紹介します。

本命になることはない

セフレが告白してきたとき、「本命にはならないな」と思ってしまう男性の本音がこちらです。

  • セックスをするためだけの関係だから、それ以上のことを望まれると面倒くさい
  • 食事に行ったりなど多少恋愛ごっこはするかもしれないけど、セフレはセフレ
  • セフレから本命になるくらいなら最初から付き合っていると思う
  • 本命になれるかもしれないと期待させるのは悪いので、告白された時点で関係は終わりにしたい
  • 彼女にできないプレイができるのがセフレだから、付き合ったりはしない
  • 仮に自分と付き合ってから、また他にセフレを作られたらイヤだから無理

以上のように、セフレはセフレだから本命彼女にはしないという意見が大多数です。彼女にするとデートをしたりマメに連絡をしたりなどの手間をかけなければいけないけれど、セフレは手間をかけずにサクッとセックスができます。

そんな都合の良い関係を崩したくないというのが、セフレを本命彼女にすることがないという男性の本音であると言って良いでしょう。

本命になるケースもある

では反対に、セフレが本命になるケースもあると考えている男性の本音はこのようなものでした。

  • 性格が良くてめちゃくちゃ尽くしてくれるから、彼女にしてもいい
  • もともと好意を抱いていた相手なら本命彼女になることもある
  • お互いのことを知り尽くしていることもあり、ラクで居心地が良いから付き合ってもいい
  • 断って他の男性にとられることを考えると、彼女にした方が良い気もする
  • セックスの相性が良すぎて離れられない
  • 付き合うタイミングを逃してズルズルとセフレのままでいたけれど、相手から告白してくれたら付き合う

このようにセフレに対して多少は好意を抱いていたり、愛着がある場合はセフレから本命に昇格するケースもあります。

セフレが告白してきたとき、あなたはどう答えた?

ではここから、実際にセフレに告白された男性がどう答えたのかをご紹介します。

セフレ関係を終わらせる

「2番目でもいいなら…と言って、結局は1番になれないからセフレだったということを理解してもらった。性格も見た目も悪い子ではないので、付き合いたいのなら誰か他のもっといい男を探した方がいいと思ったから」

「俺は好きな女の子と付き合いたい、とはっきり伝えた。そこでセフレ関係も解消。どちらかが恋愛感情を抱いたままセフレ関係を続けると辛い思いをすることがわかっているのであえて突き放した」

「セフレはセフレとしか思えないし、付き合う気もないので、もう会わないと告げた。告白してきたときはちょっと引いた。そんなに真剣な付き合いをしないのがセフレだと思う」

なんとなくごまかして関係を続ける

「もう大人なんだから付き合うって言葉は必要ないよね?と言って、正式に付き合うとは言わないままセフレ関係を続けている。会ったらお互いの家でゆっくり過ごすことが多く、たまに食事には行くけど、デートまではしない」

「今は誰とも付き合いたくないけど、こんな風に会うのはお前だけ、と言っている。実際他に彼女ができたらセフレとは終わるかもしれないけど、セックスの相性がいいので今は手離せない」

「セフレが自分を好きそうな雰囲気だったので、付き合って欲しいと言われる前に、一生セフレでいような!という約束をした。ずっと関係が終わらないという安心感があるのか、付き合わなくてもなんとなく納得してくれている」

付き合った

「もう2年ほど定期的に会ってセックスをする関係だったから、お互いの性格や趣味をよくわかっているし、仕事の愚痴も全部聞いてくれて、いつの間にか一番の理解者のような存在になっていた。一緒にいて居心地も良いので、告白をしてくれたのをきっかけにちゃんと付き合いだした」

「今までまあまあ気の合うセフレだと思っていたから、試しに付き合ってみることにしたら思ったより楽しかった。そのとき彼女がいたら付き合っていなかったかもしれないけど、今は付き合って良かったと思う。お互いにフリーなら、試しに付き合ってみるのもアリ。合わなかったら別れればいいから」

セフレから彼女になるためには?

セフレと彼女とは別、という男性は多いものの、セフレから彼女になるパターンももちろんあります。セフレを卒業して彼女になりたい!とお思いの女性のために、セフレから彼女になるための方法をご紹介しましょう。

承認欲求を満たす

男性は人に認められたいという承認欲求の強い生き物です。「すごいね」「かっこいいね」と褒められたり、「頑張ってるの知ってるよ」と認められると、この子だけは自分のことをわかってくれている、と思い、特別な存在に昇格する可能性があります。
セフレから抜け出したいならまず相手の男性の承認欲求を満たしてあげると、相手の心を掴みやすいでしょう。

自分磨きに励む

メイクを変えてみたり、エステに行ってみたり、ダイエットに励んでみたりなど、自分磨きを頑張ってみるのもひとつの手です。男性は本能的に自分の獲物を誰かに奪われるのを嫌いますので、急にセフレがキレイになったら他の男性に取られてしまうのではないかと心配になり、自分だけのものにしようと思うことも。
また、読書や習い事を始めて自分の内面を磨くのも効果的です。ただセックスをして終わりではなく、話していて楽しい、魅力的だと思わせることができます。

とにかく居心地の良い空間をつくる

今はセフレだけど、なんとかして彼女になりたい!そう思って真正面から「彼女にしてよ!」とぶつかると、男性は「重たい」「そういう関係じゃない」と引いてしまうことがあります。
それを避けるためには、とにかく一緒にいてラク、居心地が良いと思わせるのが一番。仕事の愚痴を親身になって聞いたり、疲れているならちょっとマッサージをしてあげたり、ただ抱きしめて癒してあげたり、おいしい手料理を振る舞ったりなど、セックスをする以外にもなんだか居心地が良いな、もうちょっと一緒にいたいな、と男性に思わせる努力をしましょう。

セフレはセフレ、とは限らない

セフレはセフレ、本命彼女にはできないと思う男性が多数いるのは確かです。しかし、セフレから彼女になれる可能性が全くないわけではありません。

セフレから始まって付き合い、仲良く付き合っているカップルももちろんいます。しかしどんなに好きだと思っていても、好きだと告白をするだけでは向こうに拒否をされて関係が終了してしまうこともあります。

セフレから彼女に昇格したいのであれば、ただ寝転がってセックスをするだけの関係でいるのではなく、好きな男性の心を掴む努力をして、自分をセフレではなく彼女候補として見てもらえるようになることが必要なのです。

この記事を書いた人
洸(アキラ)

出会い系サイトやマッチングアプリを愛用して5年以上の30代会社員。経験人数は2年ちょっとで100人を超え、それ以降は数えていない。
今では遊びは半分趣味のようなものとなり、たまにテクニックを後世に残すべく執筆活動を行っている。
当サイトのエロ担当。

セフレができる出会い系サイトランキング
セフレやワンナイトのパートナーが欲しいのであれば、マッチングアプリの中でも「出会い系」と呼ばれているものがおすすめ。 このページでは出会い系サイトで100人以上と関係を持った私が、本当に出会える「出会い系サイト」と出会い方を解説しています。
セフレ 大人の恋愛
マッチメン

コメント

タイトルとURLをコピーしました