会社の同僚とセフレになるきっかけと、そのメリット・デメリットとは

セフレ

気軽に会ってセックスだけできる相手、つまりはセフレが欲しいと思ったことはありませんか?

元彼・元カノに連絡をとってみたり、ナンパをしてみたり、出会い系アプリを試してみたりと、セフレを作る方法はいくつかありますが、現在セフレがいるという人にどのようにしてセフレを作ったのか聞いてみると、意外と多いのが会社の同僚とセフレ関係になった、という人なんです。

ほぼ仕事上の付き合いしかない会社の同僚と、一体どうやってセフレ関係になったのかが気になるところですよね。

今回は会社の同僚とセフレ関係になるきっかけや、職場にセフレがいることのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

会社の同僚とセフレになるきっかけ

会社の同僚とは毎日顔を合わせているだけあって、オフィスラブなどといわれるように恋愛関係に発展しやすいことがあります。しかし、セフレとなれば話は別です。セックスだけの関係なんてできれば周りの人に知られたくない秘密の関係ですし、周りの人にバレたら大変なことになってしまいます。

一体どのようなきっかけがあって、会社の同僚とセフレになるのでしょうか?会社の同僚とセフレ関係になった経験がある人に、きっかけを聞いてみました。

会社の飲み会で仲良くなった

歓迎会や送別会、懇親会やプロジェクト成功の打ち上げなど、飲み会がよく開催される会社では、同じ部署だけではなく他部署の人とも親しくなるきっかけになります。

お酒が入ると人は解放的な気持ちになることもありますし、大勢の騒がしい飲み会では近くの人と話すときに声が聞こえづらく、自然と耳元で囁き合うことになって距離がぐっと縮まります。

飲み会で話が盛り上がり、どちらかが「この後2人で飲み直さない?」などと誘ってそのままお酒の勢いでセフレ関係になってしまったという人も少なくはありません。

コンビで仕事をしている、一緒に出張することが多い

同じプロジェクトを担当していたり、2人でコンビを組んで仕事をしていると、一緒に出張をすることも増えるものです。

遠距離の出張ならば移動の時間や、食事の時間も2人で過ごすことになりますし、その間に色々と話をすることで2人の距離が縮まって、セフレ関係になることも。

また、2人で力を合わせて仕事に取り組むうちに連帯感が芽生え、大きな仕事を成功させた後に「2人でお祝いをしよう」などと食事や飲みに行って、セフレ関係になることもあります。

どちらも独身でフリーならばそのまま交際が始まるところですが、どちらか、またはどちらも結婚していたり、決まったパートナーがいたりするとセフレ関係になることが多いでしょう。

悩みを相談しているうちに親しくなった

社会人であれば仲の良い同期や、信頼できる上司に仕事の相談をもちかけたり、逆に後輩に仕事の相談をされることもあるでしょう。

悩みを打ち明けるというのは自分の腹を割って、弱みを見せるということです。そのように他人に弱みを見せられると、なんとか力になってあげたいと思うのも人の性であるといえるでしょう。

悩み相談に乗ったり乗ってもらったりしているうちに、いつのまにか会社の同僚という関係を超えて親しくなり、上にも乗っちゃった、というのはよくある話です。

会社の同僚とセフレになるメリット・デメリット

会社の同僚とセフレになると、それなりにメリットとデメリットが発生します。会社の同僚とセフレになるなら、メリットとデメリットをどちらも理解しておきましょう。

会社の同僚とセフレになるメリット

メリット1:スケジュールを合わせやすい

同じ会社で仕事をしている訳ですから、相手の仕事が今どのような状況なのか、忙しいのか暇なのかもよくわかります。お互いの仕事のスケジュールを把握できるので、会う約束もしやすいでしょう。

らに、こっそりとスケジュールを調整して帰る時間を合わせられることもあります。仕事で同じチームやコンビであれば特に、繁忙期はお互い仕事に集中して、それが過ぎれば思いきりセックスをして一緒に気晴らしをすることもできるので、お互いの忙しいタイミングが違ってなかなか会えなくなるということもありません。

メリット2:仕事の話もできる

セックスだけの関係と決めているのでセフレ相手にはあまり仕事の話はしない、という人はかなり多いはず。また相手もセックスだけを求めているのであまり自分の話を聞いてくれないこともあるのではないでしょうか?

しかしセフレが会社の同僚ならば話は別です。セックスもするけれど仕事の相談もできますし、時には仕事の愚痴を言い合うことも。仕事という共通の話題がありますから、セックスだけではなく話も盛り上がり、よりスッキリとした気持ちで帰ることができます。

メリット3:みんなに秘密の関係という刺激がある

既婚者だったりパートナーがいたりしても会社にセフレがいる場合、2人の関係は絶対に秘密にしておかなければなりません。こっそりと仕事中にLINEを送り合って会う約束をしたり、わざわざ退社する時間をずらし、別々に会社を出てから外で待ち合わせをするなどと、まるでスパイのように行動し、2人で共通の秘密をもつことに刺激を感じる人もいます。

さらに、職場ではキリっとしているセフレがセックスのときにはこのように乱れるのだということを自分だけが知っている、ということに興奮をおぼえることも。

会社の同僚とセフレになるデメリット

デメリット1:社内で噂になりやすい

会社の同僚とセフレになると、会話をするときにどうしても親し気な雰囲気になってしまったり、2人で一緒にいるところを誰かに見られたりして、社内で噂になってしまうことがあります。

会社という狭い世界ですから、一度噂が広がるとなかなかもみ消すことは難しいでしょう。2人の関係がどうなのかを問い詰められたり、場合によっては評価が下がったりする可能性もあります。

デメリット2:関係が終わった後も顔を合わせることになる

会社の同僚とは休日以外、毎日顔を合わせる関係ですよね。関係がうまくいっているときは会いやすくて良いのですが、何らかの理由で関係が終わってしまった後もずっと顔を合わせることになり、お互いに気まずい思いをすることがあります。

これが普通の社内恋愛であれば誰かに打ち明けることができますし、あまり顔を合わせなくても済むように周りが気を遣ってくれることもあるかもしれません。しかしセフレは誰にも秘密の関係ですから、誰にも打ち明けることができません。

もちろんセフレと別れたぐらいで会社を辞める人もいませんし、異動などが無い限り元セフレとはずっと顔を合わせ続けることになります。

デメリット3:バレたら大変なことになる

男女のどちらか、または両方が既婚者である場合、セフレ関係はいわゆる不倫であるとみなされます。会社によっては不倫が発覚すれば降格処分を受けたり、異動を命じられることも。

どちらも独身であったとしても、セフレという関係は世間一般ではふしだらで乱れた関係であると思われることが多いでしょう。会社の同僚とセフレであることがバレてしまえば、「あの人性欲強いんだって」「すぐ同僚に手を出すらしいよ」などと不名誉な評判が立つことは免れません。社内での居心地が悪くなることもあるでしょう。

会社の同僚とセフレになるなら、とにかくバレないように!

社会人であれば、1日の3分の1以上は会社にいて、同僚と過ごし、苦楽を共にしているものです。そんな同僚とセフレ関係になると、もちろん良いこともありますが、セフレという気軽な関係のわりにバレた時のリスクが大きすぎると感じることもあるのではないでしょうか。

もし会社の同僚とセフレになるのであれば、2人の関係は絶対にバレないようにしましょう。社内メールで待ち合わせの時間を決めたり、会社の近くで落ち合ったりするのはバレる可能性が高いので絶対におすすめできません。

セフレとはセックスだけの関係です。同僚とセフレになるならば、セックスひとつで自分の社会人生活を棒に振らないよう、慎重な行動をとるようにしましょう。

この記事を書いた人
ケニー

このサイトの編集とライターをしています。
マッチングアプリ・出会い系サイトで出会った数は20人以上、いいね200以上。
体験レポから恋愛論まで幅広く発信しています。

セフレができる出会い系サイトランキング
セフレやワンナイトのパートナーが欲しいのであれば、マッチングアプリの中でも「出会い系」と呼ばれているものがおすすめ。 このページでは出会い系サイトで100人以上と関係を持った私が、本当に出会える「出会い系サイト」と出会い方を解説しています。
セフレ 大人の恋愛
マッチメン

コメント

タイトルとURLをコピーしました