不倫の出会いの場6選|バレずに相手を探す方法は?

大人の出会い

永遠の愛を誓って結婚したはずですが、いざ夫婦生活の蓋を開けてみると好きじゃなくなってしまった・・・・という人も多いと思います。

法律的にも、倫理的にもダメなのは分かっているはずですが、どうしても愛欲のはけ口を探して不倫に走る人は少なくありません。

様々な出会い方を紹介しているこのサイトでも、地味に要望があった【不倫の出会い方】についてまとめました。

僕は結婚をしていませんが、出会い系サイトでは何回か人妻と会って遊んだ経験があるので、参考になるかと思います。

不倫の出会いがある場所6選

出会い系サイト

最近はマッチングアプリという名前で呼ばれていることの多い出会い系サイト。

昔はそれこそ詐欺や援助交際などのあまり良くないイメージがあって、なかなか出会い系を始めてみようと思わなかったという人も多いかもしれません。

ですが、最近では、出会い系サイトを運営する会社が業者や犯罪行為を厳しく取り締まっているので、以前よりずっと安全に出会い系サイトを利用することができるようになっています。

そのため今は不倫の出会いを探すのであれば、出会い系サイトが実は鉄板かつ王道です。その理由は「身近の人同士の出会いじゃないので不倫がバレづらい」「出会いを探している既婚者が多い」からです。

出会い系サイトであれば、スマートフォンのWEBブラウザ(safari)などからログインしやりとりをするため、閲覧履歴を見られない限りバレることはありません。(勝手にスマホのロックを解除されない限りは無敵)

アプリも良いですが、アイコンやポップアップ見られたりするとバレてしまう可能性があります。

出会い系サイトは、不倫願望のある男女がかなりいるからやり取りから会うまでの展開も分かりやすいし、「今すぐ奥さんと別れて私と結婚してください」みたいなメンドクサイ女性も少ないです。

上述でもお伝えした通り、今まで全く自分と接点のなかった人と出会えるというのが良い点で、何も接点がなく、共通の友人もいない人と出会えるので、誰かに見られたりウワサが広がったりしてバレるという可能性を最小限にとどめることができます。相手も既婚者である場合は特に秘密を厳守した交際ができるでしょう。

また、出会い系サイトには相手のプロフィール写真や自己紹介文が掲載されているので、既婚未婚から、共通の趣味がある人、ほどよくご近所すぎない距離のところに住んでいる人など、自分の求める条件に合った人を探すことも可能です。

サイトによってはメル友、恋人、大人の関係など、自分の目的に合った掲示板で相手を探すこともできます。同じ目的を持つ人同士を探せば、話してみたら目的が違ったからまた新しい人とやりとりをしなければならないという手間を省くことができます。

デメリットは顔が見えない相手とやりとりをするという不安感ですが、それもやりとりを続けていくうちに解決していくはずです。実際僕もメッセージのやりとりで「出会える子」と「勧誘や業者」をふるいに分けています。

元彼・元彼女

僕は不倫で出会うなら出会い系サイトが良いと思いますが、実は元彼や元彼氏といった過去に付き合っていた人と再会して不倫が始まるというパターンも結構多いです。

別れてから随分時間が経っていたとしても、よほどひどい別れ方をしていない限り、昔好きだった人は自分にとって特別な存在です。

たまたま街で出会ったり、同窓会で再会したり、どうしているかふと気になって連絡を取ってしまったりしたことがきっかけで、まるで付き合っていた頃に戻ったような恋心が蘇り、不倫に至ることも。

ただの友人関係であった人と再会するよりも一気に恋愛に発展しやすいのが、昔の恋人であるといえるでしょう。

過去に関係があった訳ですから、お互いの性格も身体のことも知り尽くしている関係であるということがメリットで、結婚してから配偶者とセックスレスに陥ってしまったときなどに、セックスの相性が良かった過去の恋人を思い出し、再び連絡をしてしまう人も少なくはありません。

しかし昔の恋人と不倫するうえでのデメリットとして、気をつけなければならないのが2人が昔に付き合っていたことを知っている共通の友人です。

過去に付き合っていた2人がまた会っていることを知られてしまうと、復縁したとすぐに勘づかれて関係がバレてしまうことがあります。

友人の紹介

少し前までは不倫というのはふたりだけの秘密といった風潮でしたが、国内不倫ドラマや海外映画の影響か、最近は不倫をしていることを友人に隠さず、あけすけな打ち明け話をする人が増えているそうです。(「フリーセックス」や「セカンドパートナー」という単語があるくらいです)

そんな不倫をしている友人から、素敵な異性を紹介されて不倫関係が始まることがあります。また、そんなつもりはなかったとしても、何人かが集まった食事会で異性の友人として紹介された人と気が合い、何度も会ううちに距離が縮まって交際が始まることも。

友人の紹介ですから全く知らない人よりも身元がはっきりわかっていますし、交際相手としては安心して付き合うことができるのがメリットです。

友人の紹介で知り合った人と不倫関係になったときのデメリットは紹介してくれた友人のことです。何かがあって友人の口から2人の不倫関係がバレてしまうことが全くないとは言えません。2人の不倫関係を知る人はできればいない方が安全です。

PTAや自治会の集まり

幼稚園の送り迎えやPTAの集まりなど、子どもに関連する用事で顔を合わせるようになったり、自治会の役員などで一緒に作業をするうちに親しくなったりしたご近所の人と不倫関係になることもあります。

バザーやお祭りの準備など、一緒に作業をすることが多いと連帯感が生まれやすく、親しくなるのにさほど時間はかかりません。不倫関係になった後で、2人で仲良く話をしているところを見られても役員同士の打ち合わせだと思われて、周りの人から疑われる危険も少ないでしょう。

ご近所での出会いはとにかくすぐ会えるというメリットがあります。しかし近すぎるゆえのデメリットももちろんあります。

とにかく共通の知人が多すぎるので、どこで誰が見ているかわかりません。役員の任期が終わっても2人で会っていたり、人目につかないようにと中途半端に遠いところでデートしているのを見つかってしまうと、逆に怪しまれて関係がバレてしまうことがあります。

子どもや地域の関係で出会った人と不倫関係にあることが何かのはずみでバレてしまったとき、その地域にいづらくなってしまったり、子どもの転園・転校を余儀なくされたりすることも。狭い地域で人のウワサはあっという間に広がってしまうので要注意です。

飲み仲間

お酒を飲むと気持ちが開放的になって、見ず知らずの人とも楽しく話せるようになるという人が多いのではないでしょうか。地元で行きつけの居酒屋やバーなどで出会い、何度も顔を合わせるうちに仲良くなった異性と飲み仲間から不倫関係に発展することもあります。

メリットとしてはお酒の力を借りて積極的になれて、距離がすぐに縮まりやすいということ。酔っていると男女ともにボディタッチが増える人もいますし、性的な雰囲気に発展しやすいものです。

デメリットとしてはお酒の勢いで肉体的な関係を結んでしまうと、後で酔いがさめた時に後悔することが多かったり、その関係が他の飲み仲間にバレて気まずくなってしまったりするということ。

また地元の居酒屋やバーで知り合った場合、ウワサが広がって配偶者の耳に入ってしまう可能性もあります。行きつけの店では2人の関係は暗黙の了解だとしても、飲み仲間の中には酔ってぺらぺらと2人の関係を他の店で喋ってしまう人がいるかもしれません。

職場の同僚

同じ職場で一緒に働いている同僚や、上司、部下などと不倫関係になってしまう、いわゆる社内不倫も不倫のきっかけとしてはありがちですね。

フルタイムで働いている人は1日の3分の1以上を会社で過ごしている訳ですから、同じ職場の人とずっと顔を合わせているうちに距離が縮まる可能性は大いにあります。社内の歓送迎会や懇親会で親しくなったり、一緒に残業をして絆が深まったり、帰りにちょっと飲みに行って、仕事の愚痴を言い合ったりできるのも同じ職場ならでは。

同じプロジェクトを成功させるために力を合わせて頑張ったのちに、いつのまにか恋愛感情が芽生えて…というのも漫画みたいですがよくある話です。

社内不倫のメリットはなんといっても会いやすいこと。休日を除けば毎日会えます。同期入社で仲が良かったり、仕事でペアを組んでいたりしていると2人でいても他の人にあまり怪しまれることはありません。また、仕事で困った時に助け合えるのもメリットのひとつです。

デメリットは職場でずっと顔を合わせているので、喧嘩をしたときも別れた後も会わざるを得ないこと。そして万が一2人の関係がバレてしまったとき、どちらか、または2人ともが異動させられたり会社を辞めなければならない可能性があるということです。当然周りの人間からは白い目で見られてしまいます。

まとめ

不倫の出会い方についてまとめました。いろいろな出会いがあるけど僕のおすすめは出会い系サイト。

確かに「ネットで初めて会う相手を信用できるのか?」という不安があるかもしれませんが、それはメッセージのやりとりや事前の通話である程度解消することができます。

待ち合わせでマジもんのバケモノが出たときはこっそり逃げましたし、怖い人が来ないようにアパホテルなどある程度しっかりしているビジネスホテルを選んでいるので、まずトラブルになったことはありません。

それよりも身近なところに手を出すと、周りにバレる方がリスクに思っています。

ぜひ不倫を考えるのであれば検討してみてはいかがでしょう?

 

この記事を書いた人
洸(アキラ)

出会い系サイトやマッチングアプリを愛用して5年以上の30代会社員。経験人数は2年ちょっとで100人を超え、それ以降は数えていない。
今では遊びは半分趣味のようなものとなり、たまにテクニックを後世に残すべく執筆活動を行っている。
当サイトのエロ担当。

セフレができる出会い系サイトランキング
セフレやワンナイトのパートナーが欲しいのであれば、マッチングアプリの中でも「出会い系」と呼ばれているものがおすすめ。 このページでは出会い系サイトで100人以上と関係を持った私が、本当に出会える「出会い系サイト」と出会い方を解説しています。
大人の出会い 大人の恋愛
マッチメン

コメント

タイトルとURLをコピーしました