DQNがモテる理由!優しい真面目な男は絶対にモテないのか?

心理学

DQNとはインターネット用語で、一般の感覚から著しくズレている者、もしくはそれらで形成された集団の事です。

「反社会的行為・違法行為を行ったり、それを「格好良い」「当然の行動」と考え罪悪感を持たない、そんな人たち」なんて言うとイメージが付きやすいと思います。

引っ込み思案や、インドアな男性からすると「なんで?」と思うかもしれませんが、DQNをはじめとした悪い男というのは女性からモテます。

人気タレントを見ていると反社会的な人っぽい恋人との交際が報道されていたり、六本木や西麻布のクラブではイケてる女性の横にはいかにも悪そうな男が一緒にいます。

先日もツイッターでこのような投稿がバズっていました。

 

このような投稿を見ると、「じゃあ、俺みたいな気が弱い男はモテないのか?」とか「モテるためにはDQNになって犯罪的なことをしないといけないのか?」と思い悩みますよね・・・・

最初に結論を述べると、モテるためには決してDQNになる必要がありませんし、DQN=モテではありません。

DQNや悪い人がモテるのは、彼らが持っている”ある性格”が関係しています。それさえ理解すれば悪にならなくても女性がモテる

【本記事の参考文献】

DQNがモテるのは外向性と神経症的傾向

イギリスのダラム大学の研究で、128人の女性に対して、いろんな男性のプロフィールを見せて「最も魅力的に感じるはどの人だ?」という実験を行いました。外見を隠して性格面のみで測定。

その結果、一番異性にモテる男性は、外向性が高く神経症的傾向が低い、という性格の持ち主でした。

外向性・神経症的傾向とは?

人間の性格における分類方法で広く活用されている「ビッグ・ファイブ」という心理学による精神分析方法があります。

ビッグファイブでは、5つの要素で人間のパーソナリティを分類しています。

 傾向特徴
外向性興味関心が外界に向けられる傾向積極性、社交性、明るさ
調和性バランスを取り協調的な行動を取る傾向思いやり、優しさ、献身的
誠実性責任感があり勤勉で真面目な傾向自己規律、良心、慎重
神経症的傾向落ち込みやすいなど感情面・情緒面で不安定な傾向ストレス、不安、衝動的
経験への開放性知的、美的、文化的に新しい経験に開放的な傾向好奇心、審美眼、アイデア

引用元:『モチベーショナップの法則』ビッグ・ファイブ(特性5因子モデル)

明るくて・我が強い男がモテる

つまりは、

  • 外向性が高い・・・外向性は初対面の人と気兼ねなく話せる、いろんな人と話せる
  • 神経症的傾向の低い・・・落ち込みにくく、何かあっても動じないメンタル強者

の2つの要素を含んでいる男性がモテるということです。初対面の人と話せて他人の意見に動じない、そういう男性が女性から見たときに1番魅力を感じます。

外向性はコミュ力が高いというイメージで分かりやすいですが、神経症的傾向の低さについてはいまひとつわかりづらいかもしれないので捕捉します。

じゃあやはりDQNのように攻撃的になれなければならないのか?

「外向性というのはコミュ力のことだから人当たりを良くすればいいのか」と取り組みやすいイメージです。

一方メンタルの強さである神経症的傾向の低さを保つためには「攻撃的になって女性(や周りの人間)にオラオラしないといけないのか?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

神経症的傾向が低さは攻撃的でなくてもアプローチできます。それは不安を見せずに落ち着いていることです。

例えば、イレギュラーな出来事が起こる、上司に怒られる、など日常ではストレスになることが多々あります。そういったときにもパニックたりせず淡々としていればいいのです。

なにかあっても不安を表に出さず落ち着いて、物事に動じなければ、それだけで神経症的傾向が低さを女性に見せつけることができます。

ナルシストやサイコパスがモテる理由

ナルシストやサイコパスがモテる理由も、DQNと同じく外向性が高く、神経症的傾向が低いからです。

彼らは性格はよろしくないけど最初は異様にモテます。それは初対面では明るくとっつきやすく、そのくせ他人の感情に鈍感だから口論になっても動じないから。

ナルシストやサイコパスなど病的な人やぶっ飛んだ人がモテるのは、外向性の高さ神経症的傾向の低さが起因していると言えます。

彼らは恋愛初期にとくにモテる

DQNやナルシスト、サイコパスがモテるのは外向性の高さ・神経症的傾向の低さですが、とくにこの傾向が強いのは恋愛の初期です。

親切な男は長期的な恋愛にはおいては女性を魅了しますが、短期的な恋愛だとイケメンや外向性が高い・神経症的傾向が低い男性が圧倒的有利です。

一方でDQNやナルシスト、サイコパスは長続きしない

DQNやナルシスト、サイコパスは、しょっちゅう女をとっかえひっかえしているから男からすると一見羨ましいかもしれません。ですが、裏を返すとただ単に長続きしていないからとも言えます。

上述でも説明した通り、長期間の恋愛においては外向性の高さと神経症的傾向の低さを兼ね備えつつ、要所で親切な男性の方がモテます。

ですが、DQN・ナルシスト・サイコパスは自分が第一なので、関係を持つまでは優しいですが、一度関係を持ってしまえば扱いが雑になります。つまりそれが長続きしない原因です。

初対面とうまく行かない人は外向性・神経質的傾向を、長続きしない人は親切さを!

初対面の印象が悪くなってしまう人や、初対面の女性とうまく行かない人は、外向性を高めてちょっとメンタルを鍛えると、と出会いを良い方向にもっていくことができます。

そこでキッカケを作れば長期的な恋愛に発展するでしょう。

一方で、彼女を作るまでは簡単だけど、そのあと長続きしなくて悩んでいる。毎回好きな人に振られるのは辛い。という男性は付き合ってからも女性を大切することを心がけましょう。

多数の男性がうまくいかないのは、どっちかしか持っていないからです。

だから出会えない人は外向性と神経症傾向の低さを、長続きしない人は親切さを身に着ける。

まとめ

いつもは落ち着いていて弱音を吐かないで、基本的に人と話すときは誰にでも明るく快活的に話す、そういう男性がモテるという話でした。

DQNがモテているのは、身内に対して明るく元気で、身内以外には攻撃的である、ということが結果として外向性が高く・神経症的傾向が低く、女性に映っているというだけなのです。

外向性を上げて神経症的傾向を下げればいい!それだけで優しい男性も十分女性にモテることができます。

コミュ力を上げて自信満々に振る舞うためにはとにかく女性と接する機会を増やそう

外向性を上げて神経的傾向を下げるというのは、女性に対してのコミュニケーション力が高く自信満々な状態であること、と言うことでした。

ただ普段から出逢いに恵まれていないと、異性と話す機会がないと、コミュニケーション能力が足りず、異性にとって魅力的な会話が展開できなくなってしまいます。

また、たまにしか打席に立たないから、ここでミスれないと焦ってしまいます。その焦りが媚びるという形で女性に接することになってしまい、自信のなさが露呈してしまいます。
 
何が言いたいかまとめると、外向性を上げて神経的傾向を下げるためには、出会う機会を増やして、コミュニケーションの練習しつつ、「別にこいつに嫌われても他にも出会いがあるから無理に媚びることはないや」と男らしい態度をとれる環境に身を置く必要です。
 
とは言え、職場や学校に急に新しい出会いが降るわけもなければ、合コンを紹介してくれる友達もいないという人も少なくないと思います。
 
そこで当サイト「マッチメン」がおすすめするのがマッチングアプリによる出会い。
 
スマホをパチパチしているだけで、新しい出会いがありますし、男性は最終的に出会うため月3000円前後払う必要がありますが、合コンの飲み会より遥かに安い金額で利用できます。
 
この記事を書いている僕も、マッチングアプリを通じて1ヶ月で5人と出会い良い感じになっています。
 
この記事を読んでいるあなたも、騙されたと思って以下のマッチングアプリランキング記事をチェックしてみてください。
 
おすすめのアプリから、出会う方法まで詳しく解説しております。
この記事を書いた人
ケニー

このサイトの編集とライターをしています。
マッチングアプリ・出会い系サイトで出会った数は20人以上、いいね200以上。
体験レポから恋愛論まで幅広く発信しています。

1ヶ月で5人と出会えたマッチングアプリを紹介します

「出会いがない」と悩んでいるのであれば、マッチングアプリを利用するのがコスパが良いです。

アメリカでは年間結婚カップルの約10%が、日本では20台カップルの1/4がマッチングアプリで出会っています。

こちらのページでは、たくさんあるマッチングアプリの中から「特に出会えたおすすめ」を紹介しています。

また使い方が分からない初心者にも、やり方をやさしく解説しております。

【2020年版おすすめマッチングアプリランキング】

40種類以上のマッチングアプリや出会い系サイトを使った経験からとくにおすすめなのを3つに絞りました。

登録自体は無料なので、この機会にまとめて登録して気になる人がいるかチェックしてみてください!

当サイトで一番評判の良いアプリ。メンタリストDaiGoが心理分析の監修をしています。心理学×統計学を元にあなたの性格や価値観にあった、相性ピッタリのお相手をご紹介します。

理想の恋人の探し方、相手の性格に合わせたアプローチの仕方、チャットの仕方など恋活・婚活におけるアドバイスをしてくれます。アプリ初心者にも使いやすいです。

マッチングアプリをはじめとした恋愛市場は女性率が低いという事がほとんどで男性の競争率が激しいのですが、withは心理分析機能やアプリの使いやすさなどから女性ユーザーが多く、他と比べても気軽にデートに行けます。

日本で一番利用者が多いマッチングアプリです。会員数1,000万人!毎月7,700人以上に恋人ができています。

・位置情報で現在地から近くのお相手(10km圏内〜)を検索可能!
・登録&お相手検索無料でいつでもどこでも気軽に始められます。
・毎月7,700人以上、延べ20万人以上に恋人ができています。結婚のご報告も多数!

「日本経済新聞」「毎日新聞」などの新聞や「NEWS23(TBS)」「有田哲平の夢なら覚めないで(TBS)」等テレビにも取り上げられています。

人工知能(AI)が相性の良い相手をピックアップ、同じ趣味で集まれるコミュニティ機能も用意。withに負けず劣らずのマッチングしやすさがあります。

 

サイバーエジェントグループ運営する人気マッチングアプリです。会員数は400万人突破!毎日5,500人が登録中!

最も好みの人が見つかったマッチングサービスとして20代に支持されていて、タップルでは「料理」「音楽」「おしゃれ」「カメラ」「映画」など30項目以上の趣味から気になるお相手を探せます。

従来のマッチングアプリですと、メッセージのやりとりを交わしながら親睦を深めて、会う日を決めるというのが一般的です。

ところがタップル誕生では「おでかけ機能」により、面倒なプロセスを省いて、最短5分以内に5分以内にデートの約束を取り付けることができます。

心理学 恋愛コラム
マッチメン

コメント

タイトルとURLをコピーしました