ロードバイクでの出会い!サイクリング(自転車)好きはココにいる?

出会い方

どうも3度の飯よりサイクリングが大好きなウーバー太郎です。名前からも分かる通り僕は自転車好きが高じて余暇はウーバーイーツ配達員として副業もしています。(その様子はコチラのブログで)

僕みたいな自転車が好きなメンズの中には、「付き合うならやっぱりサイクリング好きな女子がいい」「一緒にツーリングデートをして、各所を旅したい」と思う人も多いのではないでしょうか?

この記事では、彼女とサイクリングデートをしたことある僕が、サイクリング好きな女性と出会える場所について紹介しいてきます。

ロードバイク男子は意外に受けがいい

「自転車趣味の男って女子からキモがられてね?」みたいな思う人がいるかもしれませんが、女性に話すと意外に受けがいいんですよね。

スポーツ趣味として扱ってもらえる

ロードバイクが意外にも受けが良い理由として、自転車スポーツである点があると思っています。

サイクリングをすることは、ジムで鍛えたり、フットサルをしたり、ボルダリングをしたり、と同等かちょっと下くらいに扱ってもらえます。

バイク本体やメンテにこそお金は掛かりますが、休日にパチンコや競馬、車や大型二輪バイク、などに比べてお金のかからない趣味としても認識してもらえます。

弱虫ペダルブーム

ここ数年弱虫ペダルという漫画またはアニメにより、オタク女子はもちろんのこと普通の女子にまでバイクが人気です。

僕は全然読んでないのですが、友達のサイクリング好きは弱虫ペダルがキッカケで彼女を作りました。(読んでおけば良かったと後悔しています)

ロードバイク・サイクリング好きの恋人に出会うための場所

では、ロードバイクや、ロードバイクこそ乗らないもののサイクリングが好きな異性と出会うための場所についていくつか紹介していきます。

オフ会

バイク好きに限らずSNSでは特定の趣味の集まりであるクラスタというのが形成されており、そのクラスタでは定期的にオフ会が開催されています。

あなたのSNSアカウントが自転車趣味を全面的に押し出しているアカウントであれば、そういった人たちと交流を深めてオフ会に参加してみるのはいかがでしょう?

街コン

男性は1回5,000円以上とちょっと値段が高いと感じるかもしれませんが、出会いのイベントとして街コンがあります。

街コンでは様々な趣味コンというコンセプトのイベントがあります。

街コンジャパン:VRサイクル婚より引用

さすがにガチで自転車に乗るサイクリングが行くイベントはありませんが、近い物ならいくつかあります。

またジョギングやボルダリングなど近いスポーツイベントであれば数多くあります。

マッチングアプリ

マッチングアプリとは、自分のプロフィールを入力して異性をが探し、そこで仲良くなったらデートに行き、付き合うというものです。

アメリカでは年間結婚するカップルの10%はマッチングアプリで出会っていると言われ、日本の20代カップルの1/4はマッチングアプリで出会っているというデータが出ています。

マッチングアプリには、ペアーズで言えばコミュニティ、withで言えば好みカードなど、「俺(私)はこれが好きだ!」をアピールし、それに対応する異性を探す機能があります。

残念ながら今は別れてしまいましたが、マッチングアプリを通じて運動好きな女子と出会い、ドコモシェアサイクルで都心をサイクリングデートしたことがあります。

サイクリング好きな恋人とツーリングデートをしてみよう

自転車趣味は意外にも受けが良いので、この機会に様々な出会い方でツーリングデートを楽しめる恋人を作ってみてはいかがでしょう。

暖かい季節になれば、東京からは金まで一泊2日でロードバイクを使って旅行に行くデートというのも楽しそうです。

以上、ウーバー太郎でした。

マッチングアプリで出会いを探す方法

マッチングアプリは自宅に居ながらも素敵な出会いを探せるサービスです。

女性は原則無料で利用し放題、男性は一部機能が有料課金になりますが、アプリの平均額は3,000円/月なので、街コンや婚活パーティーの1回分よりも遥かに安い金額で利用ができます。

気になる異性がいるかチェックするだけならば無料で試すことができます。

気になった異性とマッチング(両想い)して、メッセージで仲良くなって、

デートして・・・カップル成立という感じです。

40種類以上のマッチングアプリから比較したおすすめ3種類をご紹介します。

【参考記事】【頂上決戦】マッチングアプリおすすめ4選!1ヶ月使い倒して比較した結果は?

約1,000万人以上が利用!人気No.1アプリ「Pairs(ペアーズ)」

【公式の紹介内容】

\アプリで恋人探し・出会い探しをしよう!/
会員数1,000万人*!毎月7,700人以上に恋人ができている**
恋活・婚活のためのマッチングアプリサービス「Pairs(ペアーズ)」

合コン・コンパや街コンでは出会えないお相手との運命の出会いがあるかも?
「彼氏・彼女が欲しい」「なかなか理想の相手に出会えない」「婚活パーティーやお見合いをして婚活中」という方へ。
Pairsで共通の趣味を持つ恋人を今からすぐに見つけにいきませんか?

出会う異性の相性の良さは2位のwithですが、ペアーズは利用者数が圧倒的に多いのが最大の強み!

  • 1,000万人以上が利用、約20万人のカップルが誕生している
  • 20歳の子もいれば30歳前後の結婚適齢期の人もいますから自分の目的やニーズに合う人とマッチしやすい
  • 他のアプリだと地方によってはユーザーがいなくて会えないけど、ペアーズは数が多いからちゃんと出会える

と言った圧倒的な利用者数だからこそ実現できる出会いがあります。

利用率が多いので、しっかりプロフィールを作りこんで、親切にメッセージを送れば、ちゃんと出会えます。

ペアーズにはコミュニティという、自分と同じ趣味や考え方を持つ人が集まる機能があります。ニッチな趣味の人とも知り合える可能性があります。

また、「都内では出会いが多いけど、地方じゃ利用者が居なくて異性に出会えない」というマッチングアプリも多い中、ペアーズは利用者数がものすごく多いため、田舎に住んでいるあなたにも出会うチャンスがあります。

利用者数No.1という肩書は伊達ではありません。

Pairs(ペアーズ)の公式サイトはこちら

相性診断で統計学的に相手を探す「with(ウィズ)」

【公式の紹介内容】

メンタリストDaiGo監修のマッチングサービスです。
心理学×統計学を元にあなたの性格や価値観にあった、相性ピッタリのお相手をご紹介します。
Facebook(フェイスブック)や電話番号によるログインで簡単かつ安心してはじめることができます。

with(ウィズ)ではお相手との共通点がプロフィールやチャット中からいつでも分かります。
「映画が好き」「音楽が好き」といった趣味嗜好だけでなく、性格の相性も見ることができます。
恋活や婚活ではそんな共通点が多い人ほど良い出会いに発展しやすいため、withはその点を大事にしています。

都内で活動する分にはかなりおすすめ度の高いアプリ。

メンタリストDaiGo監修のブランドバリューがあるのか、質の多い女子がいる印象です。(女子に聞いたら男子も結構レベル高いらしい)

またメンタリストDaiGo効果以外にも、心理学×統計学を駆使して行う心理テストによって、自分と価値観が合う人とマッチしている、というのも良い出会いがあった理由です。

心理分析以外にも、好みカードと呼ばれる機能があり、同じ趣味を持つ人かが瞬時に分けられます。

さらに、送るメッセージもテンプレートが用意されているのでアプリ初心者にも優しい。

都内に住んでいるのであれば「with」だけでいいですし、それ以外に住んでいるのであれば「Pairs」と組み合わせて出会いを最大化するのがおすすめです。

with(ウィズ)の公式サイトはこちら

真面目な出会いを求めるのであれば「Omiai(オミアイ)」

【公式の紹介内容】

『Omiai(オミアイ)』は「一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト」参画企業として活動を行っています。

累計会員数400万人!TV、雑誌、新聞などで話題!メディア掲載実績多数!! 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

マッチングアプリとしてはPairs(ペアーズ)とよく比較される老舗アプリ。

Omiaiは運営会社が真面目な出会いに力を入れているため、恋活目的でも良いですが、とくに婚活目的に強いアプリです。

運営会社もJASDAQ上場をしている会社であるため、安心・安全に出会うためのセキュリティが他のマッチングアプリに比べてかなりしっかりしているという声もあります。

人気女性にイイネが集中しないように、人気の度合いによって送る必要ポイント数が変更されたりなど、かなり平等なマッチングに意識を入れています。

また人気の会員じゃなくてもイケメンや可愛い子が多いので良いアプリです。「そろそろ結婚も視野に入れながら恋愛相手を探したい」という方はこちらもおすすめ。

Omiai(オミアイ)の公式サイトはこちら

この記事を書いた人
ウーバー太郎

サイクリングとお金が大好きで、業務時間外や休日はウーバーイーツ配達員をしています。
ウーバーイーツで稼いだ金はまだ見ぬ花嫁との結婚資金として貯金中。

1ヶ月で5人と出会えたマッチングアプリを紹介します

「出会いがない」と悩んでいるのであれば、マッチングアプリを利用するのがコスパが良いです。

アメリカでは年間結婚カップルの約10%が、日本では20台カップルの1/4がマッチングアプリで出会っています。

こちらのページでは、たくさんあるマッチングアプリの中から「特に出会えたおすすめ」を紹介しています。

また使い方が分からない初心者にも、やり方をやさしく解説しております。

【2020年版】おすすめマッチングアプリ

40種類以上のマッチングアプリや出会い系サイトを使った経験からとくにおすすめなのを3つに絞りました。

最終的に出会うためには男性は課金する必要があるのですが、ある程度は無料で使えるので迷ったら同時に複数個登録しましょう。

日本で一番利用者が多いマッチングアプリです。会員数1,000万人!毎月7,700人以上に恋人ができています。

・位置情報で現在地から近くのお相手(10km圏内〜)を検索可能!
・登録&お相手検索無料でいつでもどこでも気軽に始められます。
・毎月7,700人以上、延べ20万人以上に恋人ができています。結婚のご報告も多数!

「日本経済新聞」「毎日新聞」などの新聞や「NEWS23(TBS)」「有田哲平の夢なら覚めないで(TBS)」等テレビにも取り上げられています。

人工知能(AI)が相性の良い相手をピックアップ、同じ趣味で集まれるコミュニティ機能も用意。withに負けず劣らずのマッチングしやすさがあります。

メンタリストDaiGoが心理分析の監修をしています。心理学×統計学を元にあなたの性格や価値観にあった、相性ピッタリのお相手をご紹介します。

理想の恋人の探し方、相手の性格に合わせたアプローチの仕方、チャットの仕方など恋活・婚活におけるアドバイスをしてくれます。アプリ初心者にも使いやすいです。

マッチングアプリをはじめとした恋愛市場は女性率が低いという事がほとんどで男性の競争率が激しいのですが、withは心理分析機能やアプリの使いやすさなどから女性ユーザーが多く、他と比べても気軽にデートに行けます。

Omiaiは安心安全なマッチングアプリをモットーとしたアプリで、20代後半~30代前半の年齢層が利用者人口の中で一番多いです。遊びの恋愛というよりは「結婚を視野に考えている」という真剣な出会いにおすすめです。

Omiaiは安心性が高く、Facebook認証や年齢確認方法が他のマッチングアプリと比較して厳しいことや、有料会員期間が残っていて退会をする男性に対して返金対応があります。

また、他のアプリと比べて人気の男女に集中がしづらい工夫がされているので、マッチングアプリ初心者も安心です。

出会い方 趣味
マッチメン

コメント

タイトルとURLをコピーしました