友達作りtalk(トーク)の評判・口コミ!出会おうとするのは絶対にやめておけ!

ネット

この記事では、LINEに似た感覚で使える友達作りアプリ「友達作りtalk(トーク)」で出会いはあるのか?を調査しました。

最初に結論を申し上げると使うのはやめておけ!という感想しか出ません。

もしネットで出会いを探すの出れば、安心・安全で確実に出会えるマッチングアプリの方をおすすめします。

出会える人気アプリ3選
Pairs利用者No.1のアプリ。趣味コミュニティで同じ価値観の恋人を探すことができる。公式
withメンタリストDaiGo監修。心理学×統計学で自分に合う人と出会える。公式
Omiai計3000万組のマッチング、真面目な出会いを探しいているのならコレ!公式

友達作りtalk(トーク)とは?

友達talkはSNSサービスで、ログインをし友達申請を送り承認されることでメッセージを送れるようになります。

<アプリストアより抜粋>

探したい人の性別、年齢層、住んでいる区域を設定すれば、直接検索ができます。イメージ的にはツイッターとLINEを合体したようなアプリと言った感じです。

このアプリは健全なチャッティング文化を追求します。不健全な行為に対し厳格な対処をしている為、ご利用の際には十分ご注意ください。

  •  自分をあまり紹介すれば、さらに多くの友達を見つけることができます。
  •  アルバムにきれいでおしゃれな写真をアップロードすれば、多くの人があなたと友達になりたいと思います。
  •  もし、興味がある人がいれば、その人に友達申請をしてみてください。
  •  友達になるのであれば、写真機能と1対1のチャット機能が利用できます。
  •  仲のいい友達と1対1のチャットを利用してみてください。
  •  諸国の人が使用しています。そのため、簡単に外国人と友達になれます。
  •  多くの友達を見つけたければ、ダウンロードしてください。

友達作りtalk(トーク)の料金形態

友達作りtalkは基本的には無料で利用することができます。課金することで一部機能が解除されてスムーズに利用できるようになります。

広告削除360円
アルバムモザイク解除360円

友達作りtalk(トーク)は健全なチャットを目的としているアプリ

こうやってチャットできると、中には「あっ、この子と出会いたい」と思う人もいるかもしれません。

ですが、友達talkが出会うことを禁止しています。↓公式サイトより引用しました。

性と関連した内容(淫乱チャット、露出写真、性的な冗談、性関連質問など、性と関連された全ての事)、お金に関連された内容(お金の貸出、アルバイト、金欠、お小遣い、援助、ギフトカードなど、お金に関連した全ての事)、その他不適切な内容を作成する場合、アカウントが停止される可能性がありますので、ご注意ください。

もし上記の内容を違反してないが、アカウントが停止された場合には停止番号を記載してE-mailで連絡して頂くと、確認後処置致します。

公式サイトやアプリストアを見ると、友達作りtalkは「異性交際を目的としたアプリではない」「出会い系アプリではない」という文言が目立っています。

かつて出会い系サイトが社会的問題になっていたこともあり、2003年にインターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律が制定されました。

これにより「インターネット異性紹介事業」の許可がないネットサービスでは出会えなくなりました。

友達作りtalkも異性紹介事業の許可がないため、出会おうとするユーザーにはアカウント凍結など厳しい処理をしています。

友達作りtalk(トーク)を出会い目的で使うには危険な理由

次に友達作りtalk(トーク)を出会い目的で使うには危険な理由を説明します。これは友達作りtalk(トーク)に限らずありとあらゆる出会いを目的としていないSNSについても同様のことが言えます。

18歳未満の利用者も多いので逮捕されるリスクがある

友達作りtalk(トーク)は18歳以上でないと使えないという規約こそあるものの、年齢確認に従うかどうかは任意です。運営会社が年齢確認書類の提出を求めることはありません。

そのため18歳未満のユーザーが年齢を欺いて登録することは可能です。

もし万が一、友達作りtalk(トーク)で出会ってしまって、関係を持った場合は刑法第176条(強制わいせつ)で6ヶ月以上10年未満の懲役、それ以外にも未成年淫行条例に抵触する可能性があります。

性犯罪のリスクあり

SNSや掲示板での出会いは、以前から犯罪の温床として問題視されています。数年前から性犯罪の被害にあう事件が急増しており、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)が常にこの問題を訴えています。

引用元:出会い系サイトとコミュニティーサイト、それぞれをきっかけとした被害数の推移|ITmediaNEWS

男性はもちろんのこと、女性も被害がある可能性があるので注意が必要です。l

援助交際目的のユーザー

友達作りtalk(トーク)に限らず出会いを掲示板などでは、若いけどお金がない女性が援助交際の客探しで利用していることがあります。

ちゃんとした出会いはないと思っても問題ありません。

マルチ商法(ネットワークビジネス)の勧誘が多数

無料で出会える可能性があるアプリや掲示板はマルチ商法の勧誘が蔓延っています。

仲良くなっていざ会ったら、「稼ぐ方法を教えてあげる」「今度私が尊敬している実業家の人に合わせてあげる」などと丸め込まれてアムウェイなどのセミナーに連れて行かれて、無理矢理高額の契約をさせられるのがオチです。

大抵は財布も心もボロボロになるまで搾取されるのがオチなので、やっぱりちゃんとした出会い目的のアプリは使ってはいけません。

恐喝リスクあり

それ以外にも恐喝事件になる可能性があります。

美人局(つつもたせ)とは?

売春婦が青年に色仕掛けを使い、仲間の男が「妻(または妾)に手を出した」と因縁をつけて金品を脅し取るもの。

美人局の狩場としてこれまではテレクラやツーショットダイヤルがメインだったものが、ネットの発達やスマホの普及により、出会い系サイト(アプリ)や掲示板・SNSなどに移行してきています。

とくに出会い系では、相手の住む地域・年齢・婚姻の有無などを絞り込んで検索できるため、”カモになりそうな”ターゲットを見つけやすいメリットがあります。

ターゲットが定まったら女性から積極的に会う流れに仕向け、会ったその日に性行為ができるかのように誘惑し、最終的には仲間の男が登場して恐喝する流れとなります。

引用元:美人局の手口と特徴がエグい。8分で分る対応策と警察相談のデメリット|恐喝・脅迫弁護士相談ナビ

引用元の弁護士サイトによれば、警察に駆け込んでも、美人局団体は逮捕される可能性こそあるもののお金は返ってこないことがほとんどですし、、そもそもまともに警察が取り合えってくれない可能性もあります。

裁判になったら弁護士費用など莫大なお金が掛かる可能性もあります。

女性は性被害、男性は美人局に合う可能性があることから友達作りtalk(トーク)をはじめとした身分証明が求められないプラットフォームで出会うべきではありません。

出会うなら友達作りtalk(トーク)よりマッチングアプリ

もし出会うのであれば、友達作りtalk(トーク)よりもマッチングアプリをおすすめします。

マッチングアプリであればキチンとした身分証明書の提出が義務付けられており、安心安全に利用できます。サクラや業者なんてものもいません。

また、利用者はみんな恋人が欲しいと思い登録しているので、talk(トーク)よりも出会いに繋がりやすいです。ちゃんと趣味や性格診断でマッチングできるので掲示板で少ない女性取り合う必要もありません。

世界的人気婚活アプリ【マッチドットコム】によると、アメリカで年間結婚するカップルの10%はマッチングアプリで知り合ったと言われています。

日本でもマッチングアプリの出会いは急増しています。

女性は原則無料で利用し放題、男性は一部機能が有料課金になりますが、アプリの平均額は3,000円/月なので、街コンや婚活パーティーの1回分よりも遥かに安い金額で利用ができます。

気になる異性がいるかチェックするだけならば無料で試すことができます。

【利用の方法】

マッチングアプリの使い方は実にシンプルで、気になった異性とマッチング(両想い)して

メッセージで仲良くなり

デートしてカップル成立という感じです。

マッチングアプリであれば、出会いの場に足しげく通って空振りをすることなく、スキマ時間に効率的に出会いを探すことができます。

実際に筆者の僕も1か月で最高5人以上の新しく出会った方とデートをし、また「Pairs(ペアーズ)」「with(ウィズ)」で彼女を作ったこともあります。

40種類以上のマッチングアプリから比較したおすすめ4種+6種は下記URLから見ることができます。

【参考記事】【頂上決戦】マッチングアプリおすすめ4選!1ヶ月使い倒して比較した結果は?

約1,000万人以上が利用!人気No.1アプリ「Pairs(ペアーズ)」

【公式の紹介内容】

\アプリで恋人探し・出会い探しをしよう!/
会員数1,000万人*!毎月7,700人以上に恋人ができている**
恋活・婚活のためのマッチングアプリサービス「Pairs(ペアーズ)」

合コン・コンパや街コンでは出会えないお相手との運命の出会いがあるかも?
「彼氏・彼女が欲しい」「なかなか理想の相手に出会えない」「婚活パーティーやお見合いをして婚活中」という方へ。
Pairsで共通の趣味を持つ恋人を今からすぐに見つけにいきませんか?

出会う異性の相性の良さは2位のwithですが、ペアーズは利用者数が圧倒的に多いのが最大の強み!

  • 1,000万人以上が利用、約20万人のカップルが誕生している
  • 20歳の子もいれば30歳前後の結婚適齢期の人もいますから自分の目的やニーズに合う人とマッチしやすい
  • 他のアプリだと地方によってはユーザーがいなくて会えないけど、ペアーズは数が多いからちゃんと出会える

と言った圧倒的な利用者数だからこそ実現できる出会いがあります。

利用率が多いので、しっかりプロフィールを作りこんで、親切にメッセージを送れば、ちゃんと出会えます。

ペアーズにはコミュニティという、自分と同じ趣味や考え方を持つ人が集まる機能があります。ニッチな趣味の人とも知り合える可能性があります。

また、「都内では出会いが多いけど、地方じゃ利用者が居なくて異性に出会えない」というマッチングアプリも多い中、ペアーズは利用者数がものすごく多いため、田舎に住んでいるあなたにも出会うチャンスがあります。

利用者数No.1という肩書は伊達ではありません。

Pairs(ペアーズ)の公式サイトはこちら

相性診断で統計学的に相手を探す「with(ウィズ)」

【公式の紹介内容】

メンタリストDaiGo監修のマッチングサービスです。
心理学×統計学を元にあなたの性格や価値観にあった、相性ピッタリのお相手をご紹介します。
Facebook(フェイスブック)や電話番号によるログインで簡単かつ安心してはじめることができます。

with(ウィズ)ではお相手との共通点がプロフィールやチャット中からいつでも分かります。
「映画が好き」「音楽が好き」といった趣味嗜好だけでなく、性格の相性も見ることができます。
恋活や婚活ではそんな共通点が多い人ほど良い出会いに発展しやすいため、withはその点を大事にしています。

都内で活動する分にはかなりおすすめ度の高いアプリ。

メンタリストDaiGo監修のブランドバリューがあるのか、質の多い女子がいる印象です。(女子に聞いたら男子も結構レベル高いらしい)

またメンタリストDaiGo効果以外にも、心理学×統計学を駆使して行う心理テストによって、自分と価値観が合う人とマッチしている、というのも良い出会いがあった理由です。

心理分析以外にも、好みカードと呼ばれる機能があり、同じ趣味を持つ人かが瞬時に分けられます。

さらに、送るメッセージもテンプレートが用意されているのでアプリ初心者にも優しい。

都内に住んでいるのであれば「with」だけでいいですし、それ以外に住んでいるのであれば「Pairs」と組み合わせて出会いを最大化するのがおすすめです。

with(ウィズ)の公式サイトはこちら

真面目な出会いを求めるのであれば「Omiai(オミアイ)」

【公式の紹介内容】

『Omiai(オミアイ)』は「一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト」参画企業として活動を行っています。

累計会員数400万人!TV、雑誌、新聞などで話題!メディア掲載実績多数!! 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

マッチングアプリとしてはPairs(ペアーズ)とよく比較される老舗アプリ。

Omiaiは運営会社が真面目な出会いに力を入れているため、恋活目的でも良いですが、とくに婚活目的に強いアプリです。

運営会社もJASDAQ上場をしている会社であるため、安心・安全に出会うためのセキュリティが他のマッチングアプリに比べてかなりしっかりしているという声もあります。

人気女性にイイネが集中しないように、人気の度合いによって送る必要ポイント数が変更されたりなど、かなり平等なマッチングに意識を入れています。

また人気の会員じゃなくてもイケメンや可愛い子が多いので良いアプリです。「そろそろ結婚も視野に入れながら恋愛相手を探したい」という方はこちらもおすすめ。

Omiai(オミアイ)の公式サイトはこちら

まとめ

友達作りtalk(トーク)の特徴や評判をまとめました。ひまなときに誰かと繋がるSNSとしては優秀ですが、出会いツールではないため出会うのは危険です。

もしネットで出会いを探すのであれば、ちゃんとした恋愛サービスであるマッチングアプリを利用しましょう!

この記事を書いた人
ケニー

このサイトの編集とライターをしています。
マッチングアプリ・出会い系サイトで出会った数は20人以上、いいね200以上。
体験レポから恋愛論まで幅広く発信しています。

1ヶ月で5人と出会えたマッチングアプリを紹介します

「出会いがない」と悩んでいるのであれば、マッチングアプリを利用するのがコスパが良いです。

アメリカでは年間結婚カップルの約10%が、日本では20台カップルの1/4がマッチングアプリで出会っています。

こちらのページでは、たくさんあるマッチングアプリの中から「特に出会えたおすすめ」を紹介しています。

また使い方が分からない初心者にも、やり方をやさしく解説しております。

【2020年版】おすすめマッチングアプリ

40種類以上のマッチングアプリや出会い系サイトを使った経験からとくにおすすめなのを3つに絞りました。

最終的に出会うためには男性は課金する必要があるのですが、ある程度は無料で使えるので迷ったら同時に複数個登録しましょう。

日本で一番利用者が多いマッチングアプリです。会員数1,000万人!毎月7,700人以上に恋人ができています。

・位置情報で現在地から近くのお相手(10km圏内〜)を検索可能!
・登録&お相手検索無料でいつでもどこでも気軽に始められます。
・毎月7,700人以上、延べ20万人以上に恋人ができています。結婚のご報告も多数!

「日本経済新聞」「毎日新聞」などの新聞や「NEWS23(TBS)」「有田哲平の夢なら覚めないで(TBS)」等テレビにも取り上げられています。

人工知能(AI)が相性の良い相手をピックアップ、同じ趣味で集まれるコミュニティ機能も用意。withに負けず劣らずのマッチングしやすさがあります。

メンタリストDaiGoが心理分析の監修をしています。心理学×統計学を元にあなたの性格や価値観にあった、相性ピッタリのお相手をご紹介します。

理想の恋人の探し方、相手の性格に合わせたアプローチの仕方、チャットの仕方など恋活・婚活におけるアドバイスをしてくれます。アプリ初心者にも使いやすいです。

マッチングアプリをはじめとした恋愛市場は女性率が低いという事がほとんどで男性の競争率が激しいのですが、withは心理分析機能やアプリの使いやすさなどから女性ユーザーが多く、他と比べても気軽にデートに行けます。

Omiaiは安心安全なマッチングアプリをモットーとしたアプリで、20代後半~30代前半の年齢層が利用者人口の中で一番多いです。遊びの恋愛というよりは「結婚を視野に考えている」という真剣な出会いにおすすめです。

Omiaiは安心性が高く、Facebook認証や年齢確認方法が他のマッチングアプリと比較して厳しいことや、有料会員期間が残っていて退会をする男性に対して返金対応があります。

また、他のアプリと比べて人気の男女に集中がしづらい工夫がされているので、マッチングアプリ初心者も安心です。

ネット 出会い方
マッチメン

コメント

タイトルとURLをコピーしました